--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.31.21:41
なぜオケか(高校編)
高校のときの第一顧問は若いし熱血でした。
もう一人顧問がいましたが、二人とも音楽の先生ではなく、大学でオケに入っていたトランペッターでした

あまりオケの話は出なかったですが、知らず知らずのうちに影響を受けていたかもしれません。

そのときの、第二顧問がいつも吹いていたフレーズがマーラーの3番のフレーズだと知ったのはそれから数年後のことです。

ある日、第一顧問が、突然、「このCD聞いてみろ」とのこと。
私「ブラスでやらないオケの曲はよくわからないからいいです」
顧問「いいから聞いてみろ!!!!。はい、これ、CDとスコア」

ここまで強引にものを勧められたことはあまりないのですが、
帰って聴いてみて、世の中にはこんな曲があるのかとかなり驚きました

高校生の私を驚かせたその曲は、ストラヴィンスキー「harunosaiten」です。皆さん、納得でしょう。聴いたことのない方はぜひ一度聞いてみてください。おもしろい曲です。

こんなこともありながら、だんだんオケに興味を持っていき、大学ではオケをしようと思いはじめたのかもしれません。
スポンサーサイト
2007.08.30.21:20
思えば、中学校のときに、すでによく顧問の先生からオーケストラの演奏を聞かされていたと思います。

そして、合奏のときも、そこは弦楽器のように、とかよく言われていました。サックスはオーケストラでいえばビオラだ、とか。
生の弦楽器の音なんか一度も聞いたことがなかったしビオラのように、って言われてもねえ

部室にカラヤンのポスターとか貼ってました。

吹奏楽を始めた当初からそんなだったので、もとからオケへの抵抗感というのはあまりなかったですね。

ちなみに最近知ったことですが、ギャルドはオケの曲を演奏するときは、オケの楽譜を渡されて(サックスだとビオラの楽譜?)、その楽譜をそのまま見て演奏をしていたらしいです。おそるべし
2007.08.29.19:37
☆なひろし
せっかくネタをいただいたので・・・

門下の方から見たら失礼なタイトルかもしれませんが、お許しを。

保科洋先生は、県内の某国立大学のオーケストラを長年にわたって指導されています。(今さら大学名を伏せてもあまり意味がありませんが)

といいつつも、管理人は直接はよく知りません。

保科先生の曲で今まで演奏した曲は
「風紋」・・・3回くらい
「懐想譜」・・・1回
「パストラーレ」・・・初見合奏のような形で1回だけ

特に、風紋と懐想譜は、先生をよくご存知の方の指揮だったので、演奏面でのポイントをいろいろと興味深く聞かせていただきながら吹かせていただきました。

また、何か演奏してみたいですね。でも風紋はもうそろそろいいかな
2007.08.28.18:36
寄港地
イベール作曲、交響組曲「寄港地」

高校のときから好きな曲です
地中海沿岸の港町の情景が目に浮かぶようです。
一度演奏してみたいです。

以前に、一度楽譜の用意までしてもらったことがありましたが、本番まで時間がなかったため、結局演奏は実現しませんでした

岡山県で吹奏楽で演奏されたことはあるんでしょうか。あまり聞いたことがありません。

第1曲:ローマ~パレルモ
第2曲:チュニス~ネフタ
第3曲:バレンシア

長い間、ネフタってどこ?って思ってましたが、ネットで調べると「チュニジアの首都チュニスからさらに南方のオアシスの町ネフタ」ということらしいです。地図帳には載ってなかったですねえ(笑)

持っているCDは、ジャン・マルティノン指揮、フランス国立放送局管弦楽団。その他数枚
2007.08.26.22:02
ボールペン
昨日の練習で、団員の方からもらった東京みやげは、ボールペン。

そのボールペンには
「東京藝術大学(校章?)」と書かれてあります

そう、東京芸大に行ったそうです。へーっ、すごいなあ。
自分もまた探検に行ってみようと思います。いつになるかはわかりませんが

2007.08.25.23:34
8月最後
やっとオケダル管理人らしいことが書けます

今日は久しぶりの練習日でした。
メンバーは、Fl 1、Cla 1、Aax 2、Tp 1、Hr 1の6人でした。

前半は、久しぶりのなので、皆さんしっかり個人練習をして調子を取り戻していました。

後半は、もののけ姫を合わせました。今日は、たまにはと思い、少し音程を合わせていく練習をしました。
この曲はとてもハーモニーがきれいな曲なので、音程の練習には最適です。

では来週も、同じ曜日の同じ時間に同じ場所で会いましょう
2007.08.24.19:46
明日は練習日
みなさん、生きてますか。
ミナサン、イキテマスカ?
明日は久しぶりの練習日です

練習は、午後6時~午後9時で
場所は操南公民館、実技室です

場所を確認したい方はここをクリック

熱い夏を過ごした人も、しっけた夏を過ごした人も、明日の練習で今年の夏を締めくくりましょう。←意味不明
2007.08.24.00:43
バッカスの行進
本日、少々ほろ酔いでござる
2007.08.22.21:21
もう2年近く前になるのかな。

姫路に、レ・ヴァン・フランセという木管アンサンブルのコンサートを聴きに行ったことがあります。

あまり、ミーハーな方ではないですが、このアンサンブルは名手ばかりなので、仕事を早退して行ってきました

メンバーは、エマニュエル・パユ(フルート)、フランソワ・ルルー(オーボエ)、ポール・メイエ(クラリネット)、ラドヴァン・ヴラトコビッチ(ホルン)、ジルベール・オダン(バソン!)、エリック・ル・サージュ(ピアノ)というそうそうたる顔ぶれ。

演奏はさすがでした。流れるような演奏。音がきれい。全然合図を出しているように見えないのに、ピタッとアインザッツが合ったり、それぞれが好き勝手に吹いているように見えるのに、全体としては縦の線も音程もぴったりだったり。いろいろとカルチャーショックでした。見た目もかっこいい人たちだったし。

帰りは、演奏会場で会った知り合いに姫路駅まで送ってもらいました
岡山の知り合いだったのですが、岡山の人も結構行っていたようです。

やはりたまには一流の音楽を聴くのもいいですね。
2007.08.21.20:07
洗濯ばさみ
中学校のときは、廊下が屋外になっている校舎で練習していた。
そのため、楽譜が飛ばないようにするための洗濯ばさみ(クリップ)は必需品だった。
女子の先輩などはそれぞれこだわりのクリップを持ってきたりしていたものだ。

ということで、自分にとっては、楽器を吹くときに洗濯ばさみを用意することはごくごく普通のことなのである。

今現在は、もっぱら室内で吹くため、必要ないと思えるが、実は、夏は、クーラーの風で楽譜が飛ぶため洗濯ばさみの出番があるのだ。

なので、そこで洗濯ばさみを取り出すと、みんな妙に感心してくれるのだが、自分にとっては当たり前のことなので、何となく違和感を感じてしまう。

そんな8月残暑の夜
2007.08.20.20:35
ネタなし
今は、クーラーの中で、熱い音楽を聴いています。
「高度な技術への指標」
佐渡裕指揮、シエナウインドオーケストラ

大変な難曲だと思われます。
なかなかうちは手が出ません。

同じCDに入っている「風紋」は何度か演奏したことがあります。
いい曲ですね。

佐渡裕さんは、3月のNHK-FMラジオで、これまでの吹奏楽とのかかわりを語っておられて、興味深く聞かせてもらいました。

そういえば、以前、岡山に佐渡・シエナが来たときに聴きに行ったことがありました。
いい演奏会でしたね。

とりとめもなく書きましたが、きょうはこの辺で

2007.08.19.23:01
広島より
広島より帰ってきました。

大学の同期と室内楽?をしてきました。

団員の方から、譜面台を貸していただき持っていきました。
結局全部使うことになりました。
お世話になりました

来週は久々の練習です。
がんばりましょう
2007.08.17.19:07
こんなの
20070817190723
2007.08.17.18:59
本日も暑い一日です(現在進行形)

昨日、団員の方から、広島の土産をもらいました。
「ひろしまもみじバー」という棒状のもみじまんじゅう
早速食べてみましょう。

味はいつもの感じですが、おもしろい形ですね。

私も明日から広島に行ってきます
2007.08.16.23:21
シベリウス
暑い日が続きますね

暑い夏は涼しい音楽を聴きたいものです

今日、団員の方と会いました。コンクールでシベリウスの交響曲第2番を聞いたそうです。

いいですね。シベリウスは北欧フィンランドの作曲家です。
実は先日の熊本でもシベリウスを演奏しました。アンダンテフェスティーボという曲です。

皆さん、夏はシベリウスです
2007.08.15.00:17
お盆
先週末までコンクールだったようです(県内)

以前はコンクールに参加していたので、今でも母校の結果や支部大会代表校くらいはチェックしてしまいます。

機会があればまた見に行きたいものです。

参加された皆さま、お疲れさまでした。
ゆっくり送り火でも焚いてください
2007.08.13.18:18
帰還しました
「旅」がテーマのこのブログですが・・・

熊本より帰ってきました。

今回の土産は、朝鮮飴です。
飴といっても、やわらかいです。

次回の練習でお配りしたいと思います。

先ほどのホルンの写真は、ナチュラルホルンというものです。
キーがなく、リップスラー(倍音)だけで演奏するそうです。
2007.08.13.14:27
タイトルなし
20070813142740
本番終了(昨日)。
2007.08.12.13:16
本番前
20070812131632
これから本番。
2007.08.11.08:19
温泉
文章がなかったようなので・・・。

熊本県人吉市の方の家に泊めていただきました。
この辺りは温泉が多いらしく、この方の家の半径100mで温泉が数件もあるとのことです。

この写真はたから湯という温泉です。
扉をくぐると、半地下のようなところに湯船があり、天井も高いです。
独特の趣がありかなりいい感じでした。

人吉市は、市内に数十ヵ所の温泉があるらしいです。
もっと有名になってもいいのに・・・。まさに隠れスポットです。

20070811081933
2007.08.09.21:17
出張
今度は音楽の出張です(もちろん仕事ではありません)
熊本に行ってまいります。
同じ大学のOBと一緒にオーケストラの演奏をしてきます。

本番は8月12日(日)午後2時開演
場所は、ウイングまつばせ文化ホール(熊本県宇城市松橋町大野85、宇城市役所すぐ横)
(入場無料)
熊本市から南に約15kmのほうです。
熊本ICより3つ目の松橋ICで下ります。

1泊2日で練習、本番ですので、なかなか大変ですが、熱い演奏をしてきますよ

毎年違うところで演奏しています。
自己満足の演奏会なので、毎年お客さんはほとんどいません(笑)
2007.08.08.22:08
ポール・メイエ
こなさん、みんばんわ

きょうはクラリネットの話題にします。
もちろん、あまり詳しくはありませんが、好きな奏者の一人では、ポール・メイエ、という演奏家がいます。

フランスのクラリネット奏者としては、少なくともかなり有名な方ではないでしょうか。
自分は、「フレンチ・クラリネット・アート」というCDで知りました。(安かったもので・・・)

技術的にも、表現的にも、安心して聴くことができます。
ベルリンフィルなどのドイツのクラリネットとはまた違った響きです。
まさにフランスのクラリネットというものを堪能できます。

この方は、スーパースターばかりで結成された「レヴァンフランセ」という木管五重奏団にも所属しています

このことについては、また後日

2007.08.07.21:38
ガブリエリ
サックスの話題ばかりなので・・・

唯一持っている金管アンサンブルのCDは
「ガブリエリの饗宴」
演奏:クリーブンランド管弦楽団金管奏者、シカゴ交響楽団金管奏者、フィラデルフィア管弦楽団金管奏者

その名のとおり、3つのオーケストラの金管奏者がガブリエリの曲を演奏していきます。
一流オーケストラの金管奏者による王道中の王道の選曲です。
たぶんこのCDも金管奏者の方にとっては定番の1枚なのだと思います。
このCDを聴くと、金管もいいなあと思います。

だいぶ前に、中古品屋でトランペットを1万円で買って少し練習したのですが、やはりなかなかうまく吹けませんでした
団員の方に「ちょっと貸して」と言われて、結局今はその家で第二の人生を送っているようです。お元気ですか
2007.08.06.23:13
あいかわらず、サックスネタですが・・・ええ、私はオタクです。
浜松に出張に行ったときに、土産屋は開いていたので、実はCDも1
枚買っていました。

「浜松市楽器博物館コレクションシリーズ12、オリジナルサクソフォーン、アドルフサックス作による」

このCDはソプラノを吹いている井上麻子さんのブログで存在は知っていたのですが、浜松なんか行くことないしと思っていました。
ところが、それが実現してしまったので、せっかくなので買ってきました。

サックスが発明された頃の楽器でいろいろと名曲が演奏されています。

はっきりいって、いいです。
何がいいかというと、一つ一つの音にむらがあるのです。音ごとに違う色の音が出ています。それが独特の色合いを出しているのです。現代のサックスは音によっての音色のむらがありませんが、そのため何となく平面的な演奏になってしまっているような気がするのです

もう一つは、この古い楽器は、操作が結構難しいらしいのですが、そのためかわかりませんが、一つ一つの音を出すのに、とても心をこめて出しているように私には聞こえました。
そのため、全体的に、とても心のこもった演奏に聞こえましたホルン

貴重な音源です。アドルフサックスがどういう音をイメージしてこの楽器をつくったかを知るためにも参考になると思います。

興味のある方は浜松まで買いに行ってみてくださいスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

2007.08.05.23:55
ずんだ済んだ
暑かったですね

きょう、やっと話題のずんだ餅を食べました。
自分はおいしかったです。が、妹は「意見の分かれる味だね」とのこと。父親は「うまい、うまい」と言ってくれました。何を食ってもうまいと言う父親ですが。

あ、音楽のネタがない ̄□ ̄

ちなみに、管理人の妹も吹奏楽部出身です。中学、高校と、中国大会に出て、クラのトップを吹いとりました。ええ、私よりよっぽど才能ありましたジャスタウェイ。今は吹いていません。もったいない。
うちに誘いたいのですが、いかんせん、県外在住なので。

あすも暑くなりそうです
2007.08.04.23:27
お盆前
今日は練習日でした。
メンバーは、FL 1、Cla 1、Sax 2、Trp 1、Hr 1、Eup 1の7人でした。
人数が多いと楽しいですね。

今日も、ダベる→まじめに基礎練習→曲の練習→合奏、でした。
曲は引き続き、インベンション、もののけ姫です。
人数が少ないので、どうしても一人ひとりがきちんと吹くことが要求されるので気合が入ります。

本日も充実した練習となりました

次の練習は3週間後、8月25日、操南公民館です。

なお、お墓掃除にはきちんと行きましょうとのことです
(某団員より)

2007.08.04.02:37
突然、美空ひばり
前の職場の人との飲みでした。先ほど帰ってきました。
久しぶりにこんなに遅くまで飲みました。

それはそうと、美空ひばりってすごいと思います。
どこがすごいと感じるかというと、声の色を変えるところです。

普通は、その人の声は1種類しかないわけですが、美空ひばりは、1曲の歌の中でも、曲調に合わせて声を変えて歌うのです。
だから、一人の人が歌っても、立体的で色彩豊かな演奏(歌唱)になっていると思うのです。

こういったことを自分の演奏にも生かしていきたいと思ってはいるのですが・・・

以上、酔いにまかせて書いてみましたおやすみなさい
2007.08.02.22:58
秋の準備
早いもので来月から秋です

ということで、9月の練習場所を確保しました。とりあえず、
9月1日(土)
9月8日(土)
9月15日(土)
9月22日(土)です。
時間はすべて午後6時~午後9時です。
場所は、8月末と同じく、操南公民館です。

よろしくお願いします。

今週末はふれあいセンターでの練習です

2007.08.01.22:04
昔からファンです
先週の出張、日曜日の出勤。今週はちょっとお疲れ気味かもしれないです

あいかわらず、サックスの話題が多いのですが・・・
先日、本屋で立ち読みをしていて、あたらしくバリトンサックスのCDが出ていたことがわかりました。
すぐに、「ワタセ」という岡山では有名な楽器店に電話して聞いてみると、ありますとのことだったので、買いに行きました。

栃尾克樹さんというバリトンサックス奏者の方の「影の庭」というアルバムです。バッハの無伴奏チェロ組曲などが入っています。
この手のCDはかなり貴重ですね。演奏もすごくいいです。
まさにお買い得の1枚です

この方の演奏は10年以上前から好きで、ずっとCDが出ればなと思っていました。しかし、楽器がマイナーだったので諦めていたのですが、その後CDが出されて、今回は2枚目です。

こうやって、思いを書くと、じゃあバリサク買えばいいのにという声が聞こえそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。