--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.29.22:10
20年前の熱き演奏
ネタがないので、昔から持っているCDより。

日本の吹奏楽の歩み 高等学校編Ⅱ〈1980~1989〉

この中で、特に好きな演奏は、

バレエ音楽「ル・シッド」よりマドリードの踊り、ナバーラの踊り
就実高等学校
→往年のムラヤン時代のサウンドです。自分が現役の頃はよくバンドフェスティバルなどで演奏を聞いていました。ダイナミックス、フレーズ感もさることながら、特にその色彩感あふれるサウンドはすばらしいです。この曲はその就実サウンドによく合った選曲にも感じます。

プラハのための音楽1968
愛知工業大学名電高等学校
→演奏の緊張感が、この曲の持つ緊張感とうまくマッチしているように感じます。きちんと合ったたての線、一人ひとりがよく鳴り、個々の密度の濃いサウンドが魅力的だと思います。また、この曲の良さがわかる好演だと思います。

年始にのだめの新春スペシャルがあるようです。これは見逃せない
スポンサーサイト
2007.11.28.22:17
よーし
先日、楽器がうまく演奏できなくてブルーになったと書きましたが、よく考えると、最近は楽器を吹いてはいるものの、「練習」をしていたかとどうかとなるとかなり微妙だったような気がします。

やはり「吹く」だけではなく、「練習」をしないとだめですね。

よーし
2007.11.27.23:40
ヤフーオークションで楽譜を入手しました。

「リフレクション-映像-」保科洋作曲

結構お安く入手できました。
どんな曲かはわかりませんが、また、音出しをしてみましょう。

我々の演奏で保科節が聞こえてくるでしょうか
いや、聞かせたい。
2007.11.26.23:52
マーラーの3番
今日は、東京で、マーラーの交響曲第3番のコンサートがありました。オーケストラはチェコフィル。行きたかったなあ
生でこの曲を聴ける機会はなかなかないと思います。

仕事の都合がつけば行ってやるつもりでしたが(先週、東京に行ったばかりですが)、この時期はとてもむりです。

うう、残念(泣)
2007.11.25.22:04
マイナス思考
楽器を練習しているとたまにブルーになることがあります。

こんなに長く楽器を吹いているのに、音が汚い、音程が取れない、リズム感がない、初見力がない、音を外す、等々。

そんなときは、もう楽器を吹くのをやめようと思ったりもします。

もう一度基礎からやり直さないといけませんね。

寝ます
2007.11.25.00:07
フランスの風薫る
本日、練習日でした。6人でした。

団員の方が、新しい楽譜を持ってきてくれました。

ロレーヌ行進曲。

パリギャルドの演奏で何度も聞いた曲です。
楽しかったです。
オルケストル・ダルモニーというからには、やはりフランスの曲をやらねば

2007.11.23.23:23
にぎわう駅前
今日はちょっくらビックカメラを覗いてきました。
活気にあふれていました。

明日は練習日です。
いつものところでいつもの時間です。

ちょっとしたお土産も持って行きます。
お楽しみに絵文字名を入力してください
2007.11.22.16:12
3日目、帰りの道中
富士山です。
少し雲がかかっていますが、きれいに見えました。頂上はうっすらと雪化粧をしていました。
20071122161250
2007.11.21.20:25
2日目
20071121202514
品川の夕暮れ。
2007.11.21.00:13
1日目
20071121001332
品川のホテルの窓から。何かわからないと思いますが(^。^;)
2007.11.19.22:12
明日より東京へ出張です。
非常に憂鬱です。

代わりに行きませんか?

汗;
2007.11.18.23:21
セミナー
2008セルマーサクソフォン・スプリングセミナーin岡山というものがあるようです。

日程は3月28日(金)~30日(日)
場所は、友愛の丘 中央教育センター(岡山市建部町)
講師は、大城正司氏、貝沼拓実氏、井上有記氏とのことです。

おもしろそうですが、いかんせん社会人には厳しい日程です。
行ったとしても、ほとんどがきちんとサックスを勉強している中・高・大学生ばかりで浮くだろうな。
しかも、年度末

管理人は行けませんが、参加ご希望の方は、日本サクソフォーン協会のホームページに詳しい説明があるようです。
2007.11.18.01:21
今日は練習日でした。

人数は5+1人。練習した曲は先週に引き続き「君の瞳に恋してる」といつもの2曲でした。

違う部屋ではオカキョウの方が練習していたようでした。
できれば一緒に演奏したいような気持ちでしたが(苦笑)

練習後はみんなでごはんを食べに行きましたが、なぜか9人に増えてました。
できれば食事だけでなく楽器も吹きに来いというような気持ちでしたが(苦笑)

そのあと、団員の方よりパンとみかんをお土産にいただき帰途に着いた管理人でした
2007.11.16.23:53
アルメニアン・ダンス
アルメニアン・ダンスといえば、言わずと知れた?ハチャトゥリアン作曲の吹奏楽のためのオリジナル曲である。

Ⅰ アレグロ・モデラート(約3分)
Ⅱ アレグロ(約3分)

短い曲ながら、さすが大作曲家の作品だなと感じる。
数年前に演奏したことがあるが、スネアを叩いてとても楽しかった。

機会があればまた聴いてみてください。

明日は練習日です。いつもの場所、いつもの時間にてお会いしましょう




2007.11.15.22:12
みやこへ
秋です。出張の秋です

来週は東京へ行ってまいります

品川、汐留、東京駅前、などなど。

楽器店に行けるかな。結構忙しい出張なので、たぶん時間はないけど、行けるといいなあ。

ただ、宿泊は品川ですが、品川にはあまり楽器店やCD屋はないような気がする
2007.11.14.23:55
寝ます
今日は飲みという仕事がありました。
まあ、自腹を切るわけでもないし、非常に気を使うという飲みでもないのですが。

当オケダルに見学希望の方は、リンクにある、オケダルのホームページから、メールをいただければ、お返事をさせていただきます。

それでは、もうかなり眠いので寝させてください。

では
2007.11.13.21:24
半年経過
初めての練習から、約半年が経過しました。

知り合いなどにいろいろ声はかけるものの、なかなかすぐ仲間になってもらえるものでもありません。

ただ、少しずつですが、メンバーも増え、前に進んでいると思います(と信じたい

あとは、そろそろ、小さくても何かしらの本番をつくりたいですねえ。

いろいろと、克服すべき課題はたくさんありますが、管理人は、とりあえず、毎週土曜日の練習を楽しんでいます。
純粋に音楽を楽しめる環境って、けっこう貴重なのです

めんそーれ、オケダル

あんたもいっぺん来てみられえ。おもしれーけー。と、うちの母も申しております。
2007.11.12.20:41
来月はもう師走かあ
BSの番組の予約録画の用意をしていたのですが、入れるDVD-Rを間違えて録画できていませんでした

ええ、全然気にしていませんよ・・・、ぜんぜん・・・

それでは、12月の練習日程です。

12月1日(土)18:00~21:00
12月8日(土)18:00~21:00
12月22日(土)18:00~21:00

場所はいずれもいつもの操南公民館・実技室です。

12月15日は、管理人所用につき、予約してませんが、それでも練習したいという方がおられましたら、お知らせください。早速、予約したいと思います
2007.11.11.19:17
いつも言ってるけど
今日は、知り合いの方が入っている吹奏楽団のコンサートに行きました。
用事があったので途中までしか聴けませんでしたが。
友情出演していた高校生もかなり上手でしたね。

途中で帰ろうとして、建物を出たところ、大学のときのオケの同級生とばったり会いました(県外在住)。
びっくりしましたが、その同級生と一緒に来ていた方が、この吹奏楽団の某団員と大学のオケで一緒に活動していたとのことでした。

しかも、その某団員というのは、管理人の高校のときの先輩なのです

かなりややこしい説明になりましたが、何が言いたいかというと、世間は狭いということです
2007.11.11.00:24
深まりゆく秋の練習日
今日は、初めての方に来ていただきました
そして、久しぶりの方が1人。
でも、いつも来ている人が2人抜けていたので、今日はCla 1、Sax 1、Trp 1、Hr 2、Trb 1、Per 1でした。
Hrの方が初めてでしたが、音が大きいので3パートくらい増えた感じでした。

なので、調子に乗って、
「君の瞳に恋してる」
「吹奏楽のためのインベンション第1番」
「もののけ姫メドレー」
「交響曲第7番第1楽章より<ベートーベン>」
と、ガッツリ合奏をさせていただきました。
インベンションの冒頭部のファンファーレなどは迫力が増してかなり良かったです。ヤバかったです。

オケダル始まって以来くらいの熱心な合奏でした(笑)

皆さま、次回もお待ちしております

気がつけば、カウンターが1,000の大台を超えているようです。
このしがないブログをいつも応援ありがとうございます。
これからも細く長く続けていきたいと思います(笑)
2007.11.10.00:33
ギターサラリーマン
職場の人と飲みました。職場がまちなかにあるとどうしても飲んだくれることが多くなるようです。管理人です。

その方は、ギターが上手いです。
岡山のバンド業界の話をいろいろと教えていただきました。

明日は練習日です。操南公民館で18時からです。
ふるってご参加ください。

ではキティちゃん
2007.11.08.22:40
バロックをサックスで
BSで「平野公崇 バッハプログラム」という番組を見ました。
サックス奏者の平野公崇さんが、C.P.E.バッハやJ.S.バッハの曲を、弦楽器などと一緒に演奏するという番組。

この番組の基になったCDは持っているけど、それが映像として見られるとは思いませんでした
なかなか不思議な雰囲気でしたが、自分的にはあまり違和感は感じませんでした。
「あっ、実は、サックスってバロック時代からあったんだ」みたいなeri-

ちなみに、この方は、クラシック、ジャズ、即興と多方面で活躍されているようです。すごいですねえ
2007.11.07.22:58
何となくピアノ
ネタがないので、先日買ったCDを聴きながら寝ます

モーツアルト ピアノ協奏曲第21番、26番
ピアノ:マリア・ジョアン・ピリス
指揮:アバド
管弦楽:ヨーロッパ室内管弦楽団、ウィーンフィル

珍しく、何となくピアノのCDを買いました。全然知らない曲ですが、なんとなくいいです
2007.11.06.22:51
芸術の秋です。

くらしきコンサートという毎年外国のオーケストラを呼んでいるコンサートがあります。
今年は、クリスティアン・ティーレマン指揮 ミュンヘンフィル。
オケの知名度はそこまで高くないので、当日券も大丈夫だろうと思っていました。無事、C席を手に入れることができました。

演奏は、よかったです。やはり若い指揮者だと、ブラームスの1番も、メリハリの利いた青春のブラ1みたいな感じでよかったです。テンポもかなりゆらしたり、4楽章の有名なフレーズの前では一瞬無音になったりと、かなりいろいろ仕掛けをしていておもしろかったです。
前半の、「ドンファン」や「死と変容」(どちらもリヒャルトシュトラウス)も、積極的な演奏で好演でした。いい意味で若い演奏でした。

このくらしきコンサートですが、毎年、よく盛り上がっている印象があります。今回も、前半のプログラムから拍手が長めで、メインの後は、ブラボーも飛び出し、カーテンコールも何度もされ、楽団員がステージから引き上げるまで拍手は続きました。なんか雰囲気がいいです。

少し辛口コメントとしては、弦の音が飛んでこないですね(特に中弦)。fになったときは、管に負けていました。
それから木管は、先日のギャルドの方がうまかったです
全体的に、オケの魅力というより、指揮者の魅力が勝っていたような感じもします。

まじめにつらつら書き連ねてしまいました
もう寝よ。
2007.11.05.22:43
サイドキー
サイドキーのコルクを付けてみました。
とても簡単に付きました。
コニシのボンド、ブラボーです。
簡単に取れないかちょっと不安ですが、まあ大丈夫でしょう。

デジタルオーディオプレーヤーを入れる袋がほしくて、百均で、使えそうな袋がないか探しました。

ありました。激しくピッタリです。しかし、ちょっとかわいすぎます。
実際に使うかどうかは今後の検討課題です。

このくまさん

昨日の練習中に、ソプラノのサイドキーのコルクが取れました。

接着剤は、コニシのG17というボンドがいいとのことなので、楽器店に買いに行きました。

「コルクが取れたのでコニシのG17という接着剤はありますか」
「それなら百均に売ってますよ」
「・・・・」

楽器専用のボンドではなく、普通の接着剤でした。
そして、百均に行くと、確かに売ってました。

明日にでも付けてみようと思います

いまだにパリギャルドの余韻にひたっている管理人でした。
ブーランジェはかっこいい。熱く豪快な指揮に、颯爽とした歩き姿・・・
2007.11.04.00:00
本日のメンバーは6+1人。

練習はいつもの感じでした。
今練習している曲はあきてはないけど、さすがにそろそろ気分転換に違う曲もしてみましょうかねえ。

昨日のパリギャルドの感想の続きですが。

おもしろかったのは、編成ですね。
曲がすべてアレンジということもあるのでしょうが、オーケストラの弦パートをすべてクラリネットとサックスなどに置き換えて、残りはすべてオーケストラとほぼ同じ編成でした。フルートは、オケの木管のところに3人くらいいるだけでした。チューバは、コントラバスの位置とオケのチューバの位置の2カ所にいましたね(笑)

プログラムも、ベルリオーズ(ローマの謝肉祭)、プッチーニ(トゥーランドットより)、ラヴェル(ダフクロ、ラヴァラス、ボレロ)、ビゼー(カルメン組曲)、と非常に、オーソドックスなフランスものばかりでした。そして、演奏も、フランスの薫りがぷんぷん匂ってくるようなすばらしい演奏でした。特に、ラヴァルス、ダフクロは、フランス人でないとできないような好演だったと思いました。
2007.11.02.23:55
ギャルド・イン姫路
姫路にパリギャルドを聴きに行きました。
行きは鈍行に乗って(笑)
姫路駅に着いてから、姫路市文化センターまで迷ってしまいましたが、何とか、ぎりぎりで間に合いました。

管理人にとっては、二度目の生ギャルドでしたが、やっぱりうまい。
個人個人の音がすごくきれいでした。それぞれがしっかり歌っていました。たての線はやっぱりあまりそろっていませんでした(苦笑)
でも個人のレベルがとても高く、ソリストばかりを集めたバンドという印象を受けました。

フランスのエスプリとでも言うのでしょうか。雰囲気がよかったです。
こじんまりと無難にまとめることを良しとせず、少しくらい音を外しても気持ちよく歌うことを優先している感じでした。

かなりとりとめもない感想ですが、とにかくよかったです

ちなみに、会場で知り合いの中学校の顧問の先生と会いました。
あと、帰ったあとで、知り合いの某一般団体の方から、「来てましたよね」とメールをいただきました。会場で声をかけてくれればよかったのに。結構、岡山から行っていた人も多かった模様です。

明日は練習日です。我々もギャルド目指して頑張りましょう


2007.11.02.00:31
休みを取るの巻
明日は、今年初めて平日に休みを取りました。

目的は、明日、姫路にギャルドを聴きに行くこと。
もう一つは、今日、友人と飲みに行くこと。

次の日の午前中に何の用事もない中で飲むお酒はおいしいですね。
若干、日本酒を飲みすぎました

ということで、今はほろ酔いでござる。

おやすみなさい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。