--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.28.23:15
盗むかささぎ序曲
あいかわらず世界卓球を見ています。

日本のプロスポーツは世界レベルの大会でいいところまではよくいくのですが、ここ一番になるいつも弱いような気がしますが、ここ一番の勝負どころできちんと勝てる福原愛ちゃんはすごいですね。

番組の間のCMで「盗むかささぎ序曲」が流れていました

持っている音源は、パリギャルドの演奏です。
とてもエレガントな演奏です。
スポンサーサイト
2008.02.27.22:29
スリリングな3月末
例のレッスンを受けるのは3月末の土日なのですが、最近ちょっと不安になってきています。というのは、もし、この3月で仕事が異動(転勤)になったら、その3月末の土日はどうなるんだろうということです。
実はレッスンだけではなく、もう一つ演奏に参加する予定もあり、ちょっとスリリングな気分です。
スリリングというか本当にそうなるとかなりしゃれにならないような気がします。
今の職場はけっこう長いので、可能性はあります。

もし本当に異動になったら、わらってやってください。
乞うご期待
2008.02.26.22:35
妄想ですが
きょう上司と別室で打ち合わせをしていると、ケーキと紅茶が出てきました
いつもこういう打ち合わせだといいのですが。

さっきまで世界卓球を見ていました。白熱した試合でした。無事勝ってよかったです。
福原愛ちゃんが泣いていたのでもらい泣きをしてしまいました。

スポーツに関連した曲ってあまりないですね。
うろ覚えですが、確か「ラグビー」という曲はあったような気がするのですが・・・

だれかそういう作曲をしてみませんかね。
『次は、スポーツ組曲「オリンピック」より第7曲「柔道」です』とか。
たぶん、日本風な旋律の主題がだんだん展開していって、途中は技の掛け合いをイメージした変奏が続いて、最後は、一本!で試合が終わるイメージで、バスドラムをffで一発鳴らして終わり、みたいな感じかな。

完全に妄想です
引かないでください。
2008.02.25.22:07
リガチャーも新しく
楽器がオーバーホールから帰ってきたのですが、お店の人から、
「あっ、それからリガチャー壊れてますよ」

なんと、恥ずかしい

ということで、そこのお店でリガチャーも買って帰りました。
セルマーのピンク色のものです。中古品ということでお求め安い値段でしたが、見た目はほぼ新品です。

生まれ変わった楽器、そして、新しいリガチャー。
変わらない奏者・・・・・ああ、やっぱり凹むわあ
2008.02.24.19:26
作奏豊音が帰ってきた
楽器が帰ってきました。
お店の人に「たぶん全然違うものになってますよ」と言われました。

感想は、
むちゃくちゃよくなってました
今までどれだけ楽器の本来の機能を発揮できていなかったかわかりました(汗、汗)

これからは少しは調整に出すようにしていきたいです。

ただ、楽器の状態は良くなったですが、自分の腕が上がったわけではないので、そのギャップでただいまなぜか妙に凹んでいます
2008.02.24.00:49
2月最後の練習日
雪が舞ったりと寒い一日でした

本日の参加者は5名でした。

なにげに新しくコブクロの「蕾」を練習しました。
この曲、意外に編曲がこっていて、合わせていてもおもしろかったです。
が、逆を言えば、なかなか努力のしがいがある曲です。
いい演奏ができるようにがんばっていきましょう

最後は、いつもどおり、もののけ姫とインベンションを合わせて終わりました。

今日は、いつもの方がおひとり風邪でダウンでお休みでした。お大事に

2008.02.22.23:34
日曜日には
待ちきれないので楽器店に電話したところ、日曜日の午前中に取りに来てくださいとのことです。

約1カ月ぶりのアルトサックスです。
どのくらいよくなっているのでしょうか?
というよりに、良くなっていることに自分が気付けるのでしょうか(弱気だ)

少なくとも、払ったお金分は効果を体感したい
かなりな出費ではあるので。

日曜日は変に緊張しそうです。
2008.02.21.21:48
いまだ帰宅せず
サックスを調整に出しているのですが、まだ帰ってきたとの連絡がありません。
今週末には手元に帰ってきてほしいのですが。





おーい
2008.02.21.00:31
華麗なる舞曲
もう寝ます。

華麗なる舞曲<クロード・T・スミス>を聴きながら。

指揮:飯森範規
演奏:大阪市音楽ダーン

於:岡山シンフォニーホール(1992年)

伝説の演奏らしいです。かなり飛ばした演奏です。

生で聴いた友人も、かなりすごかったと申しておりました

2008.02.19.23:02
数年前に5,000円近く出して、「My “NEW”melody Book-2003」という本を買いました。

これはいろいろな曲を同じ楽器の二重奏で演奏できるように編曲した曲をたくさん載せている本です。

とてもおもしろそうなのですが、買うだけ買って今まで一度も使うチャンスがありませんでした。

今年こそこの本を使って、だれかと美しいハーモニーを奏でたいと思います

2008.02.18.21:19
CDは本棚(150cm×50cmくらい)にしまっています。元々あった棚に、その棚と同じ形の板を買って来て、勝手に棚を増やして、そこにしまっています。しかし、長い間にCDもだいぶ増えたので、ほとんど聴かないCDは売ったりしていました。

しかし、それもそろそろ限界に来たので、新しい本棚を買いました。
まだ組み立て途中ですが、少しは部屋がすっきりしそうです。

あと、部屋の蛍光灯も買いました。徐々に暗くなっていたので気づきませんでしたが、付け替えると、激しく部屋が明るくなりました
夜なのにこんなに明るいとは。

2008.02.16.23:27
いのうえさんよりお誘いをいただき、行ってきました。

サクソフォンラボラトリー岡山 第1回定期演奏会

サックス奏者10人による室内楽です。
プログラムも、ホルベルク組曲<グリーグ>、サックス室内小協奏曲<イベール>、フランス組曲<ミヨー>、ブラジル風バッハ第1番<ヴィラ=ロボス>、と聴きやすいプログラムでした。

10人のアンサンブルになるとさすがに音に厚みが出ますね。しかも、ソプラニーノ、バスまでそろっているのでなおさらです。
奏者の皆さんの歌心あふれる「いい音楽」を聴かせていただきました

客席も結構埋まっていましたね。
組曲のすべての曲間で拍手が入ったのはごあいきょうということで・・・

アンコールは、Gアリとスカラムーシュのブラジレイラでした。
ネタがないので。

Overture on Russian Themes (op.28)<リムスキー=コルサコフ>
演奏:Buchum Symphony
指揮:Othmar Maga

輸入CDのため日本語での曲名も演奏団体名も指揮者名がわかりません。そのまま訳すと「ロシアの主題による序曲」といった感じでしょうか。
リムスキー=コルサコフの曲でよくあるのは、あるフレーズをひつこく何回も繰り返すことなのですが(シェーラザードを思い浮かべてみてください)、この曲はその極地です。13分近くある演奏ですが、2つか3つのフレーズを、オーケストレーションを変えて(というほど変わってはいないのですが)延々と何度も何度も繰り返します。正直言ってだんだんイライラしてきます(苦笑)。例えるなら、全然盛り上がらないボレロです。


でも3年に1回くらい聴きたくなるときがあります。よくわかりません
2008.02.14.20:57
風吹けば桶屋もうかる
ヤフオクで落札した、M8の「風」<コブクロ>の楽譜が届きました。

どんな曲かわからなかったので、団員の方に教えてもらいましたが、また、どんな曲か忘れてしまいました。
来週末に音出しをしてみたいと思います。

皆さん、よろしく


先日、NHKでコブクロのドキュメンタリーみたいな番組をしていて、ついつい最後まで見てしまいました。お二人の自然体な感じがいいでね。
2008.02.13.23:06
きょうは風が冷たいです。

熊本の盲学校の生徒さんがアンサンブルコンテストで全国大会に出るそうです。
すごいですね。

お昼休みにインターネットで、その詳しい記事を見て、感動して目がうるうるしてました

全国大会でもいい演奏をしてほしいものです。
2008.02.12.22:27
興奮再び
ギャルドの来日公演の番組録画しました。初ギャルドの動画です。いいですね。
演奏の感想は実際に見に行ったときに報告しているので、今回は映像を見て気づいたことなど。

プログラムも、すべて、フランスもの、デュポン編曲。
新しいレパートリーを開拓しようなどとみじんも思っていないことでしょう、ブラボーです(笑)
制服(軍服?)も、見た感じでは、持っているCDの白黒写真(40年以上前?)とまったく同じものに見えます。

変わらない良さ、器用に手を広げようとしない良さがあります。

皆さん、トゥッティーのときはどんなに盛り上がっても微動だにしないので静止画かと思いました。
でも、ソロになると、よく体を揺らしながら吹いていました。

おばちゃんの団員さんが軍服着て、クラリネットを吹いている姿はある意味貴重かも。

録音はいまいちでしたが、カメラワークがかなり的確でグッジョブでした

以上、思いつくままの感想でした。
2008.02.11.23:58
写真屋管理人
あるコンサートに、仕事で写真を撮りに行きました。
そのコンサートは、いろいろな団体が出演していたのですが、知り合いの方もおられたので、あいさつをすると、カメラが目に入ったようで、写真をとってほしいと言われました。

了解して、写真を撮り、その方にメールに添付して送りました。

きょう、その団体のHPを見てみると、管理人の撮った写真が載っていました。

ちょっとうれしかったです。

そのHPを知りたいという方は直接管理人までお問い合わせください

ではでは
2008.02.10.23:17
2月10日の練習
練習日でした。
今日は、団友の方が遊びに来てくれました。
一人ふえると、やっぱり全然音の厚みが違いますね。
いつもよりも楽しく合奏ができました。

練習後は、みんなでごはんを食べに行きました。
やっぱり一人ふえると、いつもより会話(アホ話)も盛り上がりました。
楽しかったです。

本日もお土産とかいろいろいただきました。
ありがとうございました。

ではまた再来週に。
2008.02.09.01:04
今週は、土曜日ではなく日曜日が練習日です。
場所は岡山ふれあいセンターです。
ゆめゆめお間違えのなきよう。

土曜日に操南公民館に行っても、受付のおじちゃんに「あんた、何しに来たん?、きょうは練習日じゃねかろー」という顔で見られるとか見られないとか


おやすみなさい
2008.02.07.22:15
アンサンブルの中国大会も終わったようですが、ネタもないので、アンサンブルの思い出など。

ちょっと前に、ご縁があって、ある中学校のアンサンブルの校内選考の審査員になったことがあるのですが、人の演奏の審査って、おもしろいけど、とても難しいですね。

どのチームも本当に楽しく聞くことができました。
それぞれの演奏に「個性」はあるのですが、それに「順位」を付けるとなると難しいですね。

まあ、それでも、何とか審査員の皆さんで選んで、代表チームを決めました。
校内選考を聞いていた1年生部員の方には少々意外な結果だったようですが(苦笑)
どうしても、ぱっと聞いた感じで派手な演奏が上手に感じてしまうのはやむをえないですかね。

その後、この代表チームは県のアンサンブルコンテストでもなかなかの成績を収めてくれたようで、審査に加わった一人としては、自分の判断が間違ってなかったかなと多少なりとも安心することができました。

ちなみに、控え室で、審査をした人たちで、「いい演奏だったなあ」という感想が出たのは、代表とは全然違うチームでした。音がはずれたり、演奏もややたどたどしかったのですが、まさに「その楽器でしかできないアンサンブルをしている」という空気がすごかったのです。
その空気感はとても中学生のものとは思えなかったですね。

管理人もたまにはアンサンブルやりてーなー
オケダルは実質はアンサンブルですが(笑)、サックスカルテットという意味で。
2008.02.06.20:25
ローマ三部作
先日は、レスピーギのいわゆるローマ三部作のCDも買いました

過去にも、デュトワ・モントリオール響や、南米のオケ(名前は忘れましたが)のものとか持っていたこともありますが、いまいち演奏が好きになれず、手放しました

ボストン交響楽団
指揮;小澤征爾

かの有名な小澤征爾ですが、この人のCDはほとんど持っていません。1枚くらい?
特に好きな指揮者というわけでもないので

感想は、録音がいまいちでした。弦が近くて、管が遠く聞こえました。
が、演奏は予想外に良かったです。(失礼な)
この三部作は、ややもすると、力で押して派手に演奏するだけで終わりそうですが、この演奏は、曲を丁寧に読み込み、これらの曲の持つ叙情性みたいなものがとてもよく表されている感じがしました。逆に派手な演奏が好みの方には物足りないかもしれません。
ローマに行ってしまったような気分になりました。(行ったことはありません、イメージです)

安いのを探して見つけた1,000円のCDでしたが、あなどれません。
2008.02.04.23:02
バッハの管弦楽組曲
どうもブログの調子が悪いようです。

バッハの管弦楽組曲のCDを買いました。
1番から4番まで全部入っています。

アムステルダム・バロック管弦楽団
指揮:トン・コープマン

きびきびとした演奏で気持ちよく聴きました。
安いのを探して一番安い1,000円のCDだったのですが。
2008.02.03.22:28
3月の練習日程です
3月の練習日程は以下のとおりです。

3月1日(土)18:00~21:00
3月8日(土)18:00~21:00
3月15日(土)18:00~21:00
3月22日(土)18:00~21:00
3月29日(土)お休みです

場所はすべて操南公民館です。
よろしくお願いします。

今テレビで焼肉が出ています。最近食べてないなあ。
食べたい
2008.02.02.23:29
2月最初の練習日
本日も、いつもどおりの練習でした。

が、きょうはここの公民館長さんに練習を見ていただく機会がありました。
ですが、言われていた時間より結構早く来られたので、かなりぐだぐだでした。

うまくいけば、オケダル初のお客さんに聴いてもらえる機会ができるかもしれません。

詳細はまた決まり次第
2008.02.01.22:10
いつもお世話になっているいのうえゆきさんのコンサートがあります
失礼なのを承知で、宣伝なので許していただけるでしょうということで、転載させていただきます。

「サクソフォン ラボラトリー 岡山」 第1回定期演奏会

  日 時:2008年2月16日(土)開場18:00 開演18:30
  場 所:岡山テルサホール
  出演者:「サクソフォン ラボラトリー 岡山」メンバー
       井上 有記  竹崎 万智  田渕 沙織  西室 伸也  水川 史織
       薮木  舞 ほか
       ※ゲストソリスト 大城 正司氏
  曲 目:フランス組曲  D.ミヨー
       室内小協奏曲 J.イベール  ほか  
  入場料:前売り2.000円  当日2.500円
  問い合わせ:メンバー井上、竹崎まで

※以下はこのブログにいのうえさんに書き込んでいただいた紹介を再掲しました。

「サクソフォンラボラトリー岡山」は、私もはいっておりますが、作陽の卒業生で専門的なサックスのアンサンブル団体を立ち上げようと、2月に初めて演奏会を行うところです。
10人でのアンサンブルですが、全てクラシックでまとめた聴き応えのあるプログラムですし、岡山初、西日本でもめずらしい団体ですので、どうかその歴史の第1歩にたくさんの皆さんにお越しいただきたいと思います。
絶対に損はさせませんので、どうぞどうぞご検討ください。
あ、今回ゲストに大城正司先生をお招きしております。必聴です~♪♪♪

※ということなので、皆さん、ぜひ聴きに行きましょう。もちろん、管理人も行きますよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。